【新潟市】賃貸のメゾネットとロフト

【新潟市】賃貸のメゾネットとロフト・テラスハウスの違い おすすめポイントやメリット・デメリット

新潟市で賃貸物件をお探しでしたら、新潟市全域の物件探しをサポートするユニベール不動産へご相談ください。

 

賃貸物件にも様々なタイプがある中で、メゾネットやロフトタイプのお部屋をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

複数のフロアがあるメゾネットやテラスハウスは、ファミリー層に特におすすめです。

 

そこで、間違われやすいメゾネットやロフト、テラスハウスの違いについて、またメゾネットやテラスハウスのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

 

メゾネットって?ロフトやテラスハウスとの違いは?

メゾネット

 アパートやマンションの室内に内階段があり、居室として2階や3階がある物件を「メゾネット」と言います。一般的な1階のみの賃貸物件である「ワンフロア」に対して用いられる不動産用語です。

室内が2階建ての造りとなるため、メゾネットタイプの物件は中高層の集合住宅で見られる構造です。

集合住宅のすべてのお部屋がメゾネットになっているのは珍しく、ほかの階層はワンフロア、特定の階層だけメゾネットという造りが一般的です。

 

 

ロフト

 ロフトは、天井を高くした部屋の一部を2層式にした部屋を指します。メゾネットの2階や3階部分は部屋として申請されているのに対し、ロフトは部屋ではなく物入(収納)として申請されています。

ロフト部分は居住スペースではないため、階段があっても2階とは認められていません。ただ、一般的なワンフロアに比べて床面積が広くなること、天井が高くなっていることがロフトの魅力です。一人暮らしの方におすすめです。

 

 

ラスハウス

 メゾネットが中高層の集合住宅の中に2階建てのお部屋を指すのに対し、テラスハウスは2階建てや3階建ての居住スペースを壁で仕切った造りを指します。

一見戸建てのような印象がありますが、隣の住宅との間に外壁や塀があるわけではなく、1つの住戸が横につながっているタイプです。集合住宅の中に複数回建ての部屋があるわけではないため、戸建てで生活している感覚があり、ファミリー層におすすめです。

 

 

メゾネットやテラスハウスのおすすめポイント!メリット・デメリット

メリット

 メゾネットやテラスハウスのおすすめポイントと言えば、居住スペースを分けることができる点です。

キッチンやリビングといった日中過ごすスペース、寝室や子供部屋といったプライベートスペースのように、フロアによって異なる役割を持たせることができるため、生活にメリハリがつきます。

また、ゲストを招いた際にプライベート空間を確保しやすい点も挙げられるでしょう。物件によっては、らせん階段や吹き抜けの造りとなっている場合もあり、おしゃれな住空間を実現することもできます。

 

 

デメリット

 引っ越しの際に家具や家電の搬入がワンフロアタイプの物件に比べて大変な点は、メゾネットやテラスハウスのデメリットとして挙げられます。

そのほか、部屋の構造によって洗濯や掃除といった家事導線にストレスを感じてしまう場合が考えられます。冷たい空気は重く下にいく性質があり、暖かい空気は軽く上にいく性質があるため、エアコンを設置する台数が増える可能性も忘れてはいけません。

また、両フロアでインターネットをストレスなく使用するためには、インターネット回線の配線や設置にも工夫が必要です。

 

 

新潟市でメゾネットやテラスハウスの賃貸をお探しなら

 新潟市でメゾネットやテラスハウスの賃貸物件をお探しでしたら、ユニベール不動産へ問い合わせください。

ワンフロアの一般的な賃貸物件のほか、ファミリー層におすすめの戸建てや玄関と生活スペースが分かれたテラスハウスなど、複数のフロアがある物件も取り扱っています。

 

家具や家電が付いている物件もあれば、お部屋に合わせてインテリアを無償で提供することも可能です。新潟市で複数階層の賃貸物件をお探しでしたら、ぜひご相談ください。気になる物件を見つけた方、新潟市内で賃貸を探すのが初めての方など、多くのお問い合わせをお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちら